月別アーカイブ: 2017年2月

見えない呪の世界5(馬頭観音)

引き続き『本当に怖い世界の呪文』(グループSKIT編著)より紹介します。

馬頭観音の真言: オン・アミリト・ドハンバ・ウン・ハッタ・ソワカ

「馬頭観音は観音菩薩が変化した姿のひとつであり、人びとの煩悩を払い、諸悪を滅する力を持っている。そんな馬頭観音の真言を唱えた者は天災や病気、争いごとなど、あらゆる障害を打ち破る力を得られるという。

この観音は名前の通り馬頭人身の姿で現されることもあるが、通常は、馬上に馬の頭を戴いた、3つの目を持つ3つの顔と8本の腕を持った姿で表されることが多い。その顔には激しい怒りの表情が浮かんでおり、火炎の光背を背負った姿は非常に恐ろしげだ。観音というと一般的には穏和な表情をしているものが多い中、これは珍しいことである。だがそれだけ敵を打ち破る強い力を持った観音であることを表しているといえよう。

サンスクリット語では馬頭観音をハヤグリーヴァといい、これはそのまま『馬の首』という意味だ。そしてこれは、ヒンズー教の最高神ヴィシュヌの異名でもある。古代世界においては、馬は戦争や農耕において必需品であり、またその大きさや力強さは人びとの畏敬の対象となってきた。そのような馬の姿を借りた馬頭観音は、必ずや信仰する者の力になると、今でも多くの人びとに信じられている。」

マントラというのは、波動です。その存在の世界に届くものです。知性では理解できなくても波動は確実にその見えない存在に届くので人はマントラという方法で見えない存在と関わり、自分の力ではどうしようもないことは、その偉大な力に依存してきました。その見えない世界の力がこの世を大きく動かすのです。

馬頭観音は他の観音と比べて大きな功徳を持つ、そして時に宇宙の最高神ヴィシュヌと同一視されるほどの存在と崇められるなどの力を出されます。マントラを唱えて、その世界にアプローチしてみましょう。

 

恩地左近の子孫、恩地登美は明治天皇と親戚だった

昨年の8月5日、恩地左近の末裔、恩地誠さんが、同級生の大畑逸造君の手配で恩地に先祖の初めての墓参りに来られました。歴史の得意な大畑君はその時の話から、さまざまな資料を調べて『かわちどんこうNO111』に「恩地左近の子孫、恩地登美は明治天皇と親戚だった」という記事を載せました。先日発売されたのでぜひ読んで下さい。

裏付けのある歴史の話は大畑君の記事を読んでいただくとして、私は想像だけの話を紹介します。恩地は以前に皇宅(みやけ)と呼ばれていた時期があります。これは天皇家の血の濃いものが住んでいた可能性を示しています。奈良県の多神社のあたりは春日と呼ばれ、大阪府八尾市恩智の山の上に祀られた春日部大明神は多神社から来たものと思われます。

そして、恩智に畑中という名前が多いのですが、ある畑中家が恩智からはかなり離れた多神社の近くの土地を相続しています。もともと先祖はその地に住んでいた可能性を感じます。先日大阪府枚方市の春日という地名に住む人と出会って、その地は畑中さんばかりだと教えてくださいました。私は子供のころから畑中さんや大畑君が昭和天皇に顔が似ているので、もちろん親戚というような濃いものではありませんが、天皇家と恩智の人たちの血のつながりを感じていました。枚方にも春日という地名があって、畑中姓が多いという話を聞いてから、なお、その可能性を感じました。

大畑君は恩地左近の末裔の恩地登美が、中山忠光を通して、明治天皇と親戚になったという史実を紹介しています。それははっきりとした証拠にもとづいたものです。それに比べて、私は感覚だけの話をしますが、恩地に住んでいた恩地左近も、初代神武天皇の長男以来、長い年月の間に、婚姻関係がくりかえし行われて、もともと天皇家の血を引くものであったのではないかと思っています。

神武天皇の長男が天皇家の先祖を見えない世界で祀り、神社を中心に全国展開をしながら日本の統一に貢献し、武力の制圧は次男がというスタートをした。権力のある天皇家と、技術のある渡来系豪族との間に血縁関係をつくり、天皇家は見えない世界と見える世界の両方から日本の統一に向かって進んだ。旧東高野街道から上の恩智のように、遠い血縁も含めればほとんどつながりがあるというような特殊な世界では、天皇家のこのような考え方は長い時代の変化を超えて貫かれてきたのでしょう。

そういう眼でみれば、恩智の古くからの家はほとんど全て天皇家との血縁をほんのわずかでも持つ筈です。恩智左近は恩智神社を護り、楠正成とともに武力でも南朝の天皇を護った、見える世界と見えない世界で両方の活躍をした人物だったのです。

確実な歴史を知りたい方はぜひ、『かわちどんこうNO111』を読んでください。