月別アーカイブ: 2017年10月

超健康法(20)「奉仕」のマッサージ体操

「このマッサージ体操は、心地いいものを味わうのだが、それだけではない。一か所を意識するのではなく、同時に全体を意識することが大切なんだ。つながりの意識が必要だ。心地よさを自分のためにだけ味わうのではなく、貸し与えられた体に『奉仕』させていただいている。それが気持ちいいということを味わい、確認しているという本来の意識で行うことが基本姿勢なんだ。」

「え、もういちど説明してくれる。心地よさを味わってはいけない?」

「いや、味わうのだけど、意識をそこだけに集中してはいけないのだ。自分の意識で『奉仕』するのではなく、自然神に意識を明け渡して、指示を受け取りながら行動するという意味だ。自分ではどうメンテナンスしていいのか分からないのに、お粗末な自分の知識に意識を繋ぐなという意味だ。ありがたいことに、朝の目覚め直後というのは、意識がかなり深いところに落ちている。へいぜいの表層意識ではないのでやりやすいのだ。」

「自然神に意識を明け渡して、指示を受け取りながら行動する」って?

「やっているうちに、自然神から教えてもらえるということが分かるようになるよ。」

「うーむ。まあ、やってみよう。」

「といっても、基礎的な知識がなければ何をするのかも検討がつかないので、これから基礎知識を教えよう。まずは、体のすべての関節や筋肉がマッサージの対象になる。そして、それらが、つながりを意識して行われる。体の内部の繋がりももちろんだが、重力を感じながら宇宙との繋がりも体感する。呼吸も全身呼吸だ。手が触れているところでも呼吸している意識・感覚がある。」

「肺で呼吸するなら分かるけれど、関節や筋肉で呼吸するというと?」

「肺で酸素を吸う呼吸に合わせて環境のエネルギーが必要なところに取り込まれていくという意識・感覚だ。慣れてくればそれを感じることができるようになる。」

「で、どんなポーズをとるのだ。」

「どんなポーズでもいい。したいようにするのが原則だ。しかし、体に気持ちいい方法でなければならない。痛みなどあってはならない。人ができることでも、自分ができなければしたくてもしてはならない。いつかできるようになる。大部分が片膝立ての重力を利用した半回転となるだろう。いままでやってきたマッサージ体操の中からやりやすいもの、やりたくなるものをやればいい。自分にふさわしいバリエーションは自然とできてくるものだ。

もうひとつ重要なことがある。これから寒くなるので暖房をする必要があるが、下着の上からではなく、直接肌と肌のマッサージも必要だ。肌にふれることが、もっとも深奥なるところに伝わるという不思議な人体の働きがある。実際に私は鍼灸師の針が皮膚にふれたとたん、全身とそのオーラが見えて体全体が緩んだ体験がある。もちろんすべてが直接肌にふれなければいけないということではない。」

「へえー、そんなことがあるんだ。」

「それから『奉仕』というものの性質なのだが、指圧治療を行ったり、受けるのとは違って、関節や筋肉の方を動かして手のほうは脱力し、やさしく受け止めながら情報を受けて十分な余力を持った応対をする姿勢が基本となる。体の方を動かし、脱力した手や二の腕が関節や筋肉にまとわりつく、寄り添うというイメージだ。」

「指圧をしてはいけないのか。」

「この『奉仕』のマッサージ体操では、指圧治療のイメージから離れることが大切だ。指が微妙な感覚を受け取るほうが大事で、それに対して筋肉に触れた指が、わずかではあるが正確な対応がなされるのを感じるだろう。」

「十分には理解できていないが、とにかくやってみるよ。」

「やらなければわからないことだから、それでいい。」

 

 

超健康法(19)「奉仕」のマッサージ体操

「マッサージ体操を教えてもらって、2か月近くになるが、非常に体が軽くなってきた。朝は自然に30分早く目覚めてマッサージ体操がしたくなる。だけど、君のしているマッサージ体操はこれの10倍くらい効果が高いんだって?」

「さらに本格的にやりたくなった?」

「どうせなら、やってみたいね。」

「ようし。それじゃ、やってみよう。それには、意識を変えて元を知ることが必要だ。ふだん、考えることがないことだけに理解が難しい。」

「難しいのか?」

「いや、難しくない。」

「どっちなんだ。」

「宇宙は誰がつくった?」

「突然に何だ。自然にできたのだろう。それが自然に進化した。ダーウィンの進化論がそういっている。」

「じゃあ、聖書では?」

「神が創ったことになっている。」

「どちらが信じられる?」

「わからない。」

「じゃあ、とりあえず自然という神がつくったと考えてくれ。そして自然という神が進化させたと考えてくれるかな。」

「とりあえず、そうしよう。」

「その自然神のさまざまなの被造物のなかで、『人』にはどのような期待を持って作ったのだろう。」

「頂点の存在だから、全ての存在のめんどうをみるため?」

「いきなりするどい答えを出すね。しかし、それは『人』に与えられた能力を知ればわかってくる。すべての存在のめんどうがみれるのは、創造神である自然神だけだ。『人』は自分に与えられた役割を果たすことしかできない。その役割を果たすことが『奉仕』だ。自分は頂点ではなく、あくまで創造神である自然神が頂点だが、『人』は神に似せてつくられたというだけあって、自然の存在の中でもぬきんでた存在だ。その『人』は、人体という超高級体を与えられているが、『人』は、その操縦方法すら十分に把握できていない。」

「確かに。すぐれた医者でも治せない病気がある。自分だけでなく、全人類の中の最高の『人』でも『人』を完全な管理などできない。」

「自分の持つ能力すら把握できていないよね。だから、今の体が自分の能力のすべてだと信じて疑わない。」

「でも、最近は健康のために何かをしなければといろいろ努力しているよ。」

「素晴らしい。自然神に対する一番の『奉仕』は自分自身のメンテナンスだ。これを体験しながら、『人』はさまざまな『奉仕』の在り方を学んでいく。そういう仕組みになっている。創造神というのは実に行き届いている。」

「それと、君の行っているマッサージ体操と関係があるのか?」

「そうだ。現代生活のストレスによって、緊張で歪んでしまった体を元の状態に戻さなければならない。この『奉仕』から始めなければならない。まず、体は自分ではなく、神から貸与えられたものであるという意識から始まる。そして、いまと全く違う素晴らしい状態が本来の状態だという認識のもとに体と向かいあい、『奉仕』する姿勢を持とう。」

「そうだったのか。でも、それなら、自分の体を酷使して、他に奉仕するのは間違っているというのか。」

「僕はずっと自分の体を酷使してきた。体が自分だと思っていた。そしていつも体調の悪くなった自分が基準だった。しかし、体調が良くなるにつけ、その間違いに気付いた。そして、『奉仕』というのが、自分の体に対するものであれ、環境に対するものであれ、頭で考えて行う性質のものではないということがわかった。自然神とつながった上で、そこから与えられた『奉仕』こそが本来の『奉仕』なのだと。だから、本来のマッサージ体操も頭で理解する性質のものではない。」

「いきなり、意識を変えるのは確かに難しいことだけど、やっているうちにできそうな気がする。がんばるよ。わくわくしてきたな。」