法華経と釈迦の瞑想(1)

私) 「法華経」って知っている?

友人) 創価学会か?

私) 確かに今は創価学会が有名だね。じゃあ、釈迦は?

友人) インドの王子で、城を出て修行した人だろう。仏教の祖だ。

<釈迦が悟りと集まった菩薩達>

私) そう、その釈迦が悟りを弟子や菩薩に伝えた。そのとき、無数の菩薩達がその話を聞きに釈迦のもとに集った。ガンジス河の砂の数よりはるかに多い数だ。そのような「人(?)」が集まることができると思う?

友人) それは無理だよ。もしそんな広場があったとしても、当時はマイクの設備もないから話が聞こえない。

<釈迦の周りに集まった存在は精神界の存在達>

私) だから集まった人たちは、物質界の存在ではない。それを人と呼べるかという問題はあるとしても、この時に人の姿を持っていた釈迦は、精神界の存在である菩薩たちが見え、菩薩たちも釈迦が精神界の存在として認識できた。

<物質界の法則と精神界の法則の違い>

偶然、私はある神社で、3本の高さの異なる3体の柱に出会ったことがある。私はその見えている柱が実際に存在するものなのか、その下を数回通過したが、やはり、それに影響されずに、なお動かなかった。物質界のものでなければ、場の占有などないという体験をした。このときは、神様のことを「柱」と呼ぶのはこの経験で分かった。実際に柱の形をしていたからだ。昔の人はこの程度の体験を多くしていたのだろう。

友人) わしらはそんな経験がないからよく分からない。

私)場の占有がなければ、どれほどの人数だあろうと集まれる。しかも、音によって伝達する手段ではないから、距離も問題にならない。私が感動するのは、釈迦のそうした能力だ。釈迦はこのような力を得たのは、私たちが数えることすらできない大昔であって、今世のこの短い修行の期間ではないといっている。いまの人間をつくったのは、このような無数の存在の力によるものだろう。そうでなければ、このような複雑で理解すらできない能力をもった人間がつくれる筈がない。それどころか、この微細でデリケートな肉体を個々に備わった力だけで維持できるわけがない。

友人) そういわれれば、そうかもしれない。そんなことを考えたことも無いよ。

(続く)

つながり体操と宇宙(2)

<「つながり体操」は体のメンテナンス>

友人) 君の言う「つながり体操」は自分の体のメンテナンスじゃないのか?

私) 確かに「つながり体操」はこれまで人類が工夫してきた体のメンテナンスの中では最強のメンテナンスだといえる。それは体の中の深いコリまで取り除いてくれて、体が軽くなる。動きはらくになるし、衰えていた頭の働きまで徐々に回復してくれる。

友人)それで十分メンテナンスができているではないか。君の動きは同年代の人と比べて、抜群に優れている。若々しいよ。

私) 一昨年、優れた指圧師から「こんなに悪い体にはじめ出会った。私の全体重をかけた指に反応してくれなければなお使用がない。」といわれた体を思い出すと、いまの体は確かに別人のように思えるほど回復している。

友人) そうだよ。十分メンテナンスができているのに、どうしてメンテナンスすらできないというのだ。

<人の体の秘めたる能力>

私) 人の体というのは、それだけじゃないということに 気づかされたのだよ。実に繊細な能力をもっている。メンテナンスだって、その機能のひとつだよ。私がメンテナンスできたのではなくて、体が本来もっているメンテナンス能力を使っただけなんだ。

<宇宙と一体化した人の能力>

友人) メンテナンス能力?

私) そうだ。人の体はそういうシステムが準備されていて、日常生活の中で生じたさまざまなストレスを除去するシステムがある。私はこのシステムに気付かされた。この気づきというのもまた、そのシステムの一環だ。こうした常識や、知性を超えた体験の中で、私は人の体の中の、いや、宇宙とつながり、宇宙と一体化した人の体というのは、いま想像すらできない能力を持っていることを知った。

友人) うーん…。

私) うん。確かに体験してみないと、理解できないと思う。「つながり体操」は、宇宙エネルギーを取り込む方法を体得できるし、見えない世界で宇宙のあらゆる存在とつながることだってできるようになると感じた。

友人) でもいまさら、そんな新しい挑戦をしようとする気にはなれないね。

<「人の能力を開発、進化させる」>

私) その気持ち、よくわかる。私も短期間に、こんなに激しい回復がなければ、こんな考えすら起きなかっただろう。でも、私が過ごした、昭和、平成の時代は、働きさえすれば豊かに生活できた、いや、少なくとも物質的には。

しかし、IT時代といわれる「令和」の時代には、人の人たる能力が重視されるだろう。いまは、「人しかできないこと」というふうに表現されているが、それは平成の考え方であって、「令和」の時代には、「人の能力を開発、進化させる」生き方をしていくだろう。そんな風に感じている。

 

 

私)